平成26年5月31日(土)、鳥取県 鳥取市にて、鳥取県技術士会 平成26年度通常総会が開催されました。

総会では、平成25年度の事業報告および平成26年度の事業計画案、会則の改正の議案が提出され、承認されたました。

会則の改正は、『任意団体としての「解散」、「残余財産の処分」の明確化』、『研究会等の設置の追記』、『修習技術者の表現の修正』についての追記、修正となります。

また、井本幹事の転勤に伴って役員の欠員が生じたことから、平尾会員を幹事として補充させて頂き、総会にて改めて承認を頂きました。

改正された会則、更新された組織図については、後日HPに公開致します。

 

DSC_0044

通常総会の様子

 

総会の後、中国電力(株) 鳥取支社長 兼 電源事業本部 島根原子力本部 副本部長の 芦谷 茂 講師より「電気事業を取り巻く状況」と題して、特別講演が催されました。

講演では、日本のエネルギー事情、電力システム改革の課題、国のエネルギー政策等の電力業界を取り巻く様々な周辺環境の変化やそれらへの取り組みについてお話を賜りました。

その後、交流会が行われ、芦谷 講師や今年度新しく鳥取県技術士会の会員となったメンバーとも親睦を深めることができました。

 

DSC_0061

交流会の様子